原子力規制委員会 15’4月の月間放射性降下物情報 6/1公表

4月上旬、福島原発から大量の放射性物質があったのではないかと懸念する声が上がっていました。またそのことについて「周辺地域で線量が1000倍に急上昇! “フクイチ”で何かが起きている!? - 社会 - ニュース|週プレNEWS週刊プレイボーイのニュースサイト]」でも取り上げられていました。

 

2015年6月1日 原子力規制委員会 が公表したデータによると、2015年4月は、北は岩手県から、関東は東京都、埼玉県、神奈川県など、西は三重県にまで放射性セシウムが降下していることがわかります。

 

以下は、2015年4月の環境放射能水準調査結果(月間降下物の抜粋です。

         ↑クリックすると月間降下物データ表をご覧いただけます。

*数値は、左側がセシウム134、右側がセシウム137。

*単位はMBq/km2。1平方メートル当たりのセシウム(Bq)に置きかえるとよいと思われます。

 10メガベクレル/平方キロメートル=10ベクレル/平方メートル。

 

・岩手県(盛岡市) 不検出[ND]、0.21・宮城県(仙台市) 0.37、1.3

・山形県(山形市) 0.34、1.3

・福島県(双葉郡) 27、88

・茨城県(ひたちなか市) 2.0、6.8

・栃木県(宇都宮市) 0.62、2.0

・群馬県(前橋市) 0.28、0.90

・埼玉県(比企郡) 不検出[ND]、0.24

・千葉県(市原市) 0.20、0.73

・東京都(新宿区) 0.36、1.1

・神奈川県(茅ヶ崎市) 0.14、0.43

・新潟県(新潟市) 不検出[ND]、0.060

・長野県(長野市) 不検出[ND]、0.090

・静岡県(静岡市) 不検出[ND]、0.067

・三重県(四日市市) 不検出[ND]、0.043



0 コメント