9/23 さよなら原発1000万人アクション代々木公園大集会

テーマ

原発事故被害者の切り捨て(棄民化)を許さない

(「川内原発再稼動強行」­など原発再稼動に反対すると共に8月末に閣議決定された「­被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針」­を問い原発事故被害者切り捨て問題に抗し、­運動を社会化する機会にしたいと考えています)

集会

内容

【出演者】

司会 :おしどりマコケンさん

トーク:武藤類子さん(原発告訴団、ひだんれん)

宍戸隆子さん(原発事故で北海道へ避難)

木本さゆりさん(放射能から子どもたちを守ろう関東ネット・­関東子ども健康調査支援基金)  

中村光男(被ばく労働を考えるネットワーク ) 

【集会内容】

●「原発事故被害者の切り捨て政策」­を以下の問題から掘り下げるステージにします。

①福島や県外の「汚染状況重点調査区域」­含め支援対象地域は縮小又は撤廃②「­帰還推進と区域外避難者住宅支援打ち切り」③­福島近隣県並びに汚染状況重点調査地域の健診や医療費支援の必要­性はない④原発労働者の緊急時作業被ばく限度の250ミリシーベ­ルトへの引き上げなど被ばく労働問題 

タイムスケジュール

【開催時間】  12時00分~13時30分  開始  12時05分

●オープニングトーク おしどりマコケンさん     12時05分~12時15分

  *トーク内容は、おしどりさんにお任せします。 

   ・「福島県県民健康調査における甲状腺検査報告」「­支援法閣議決定内容」「被ばく労働」­などに関するコメントを交えて下さると嬉しいです。

●登壇者報告        12時15分~13時00分

*トーク出演者が各10分づつ当事者として取り組んでいる活動と­現在すすめられている「原発事故被害者切り捨て政策」­の問題点を報告願います。

  武藤さん 福島原発告訴団、ひだんれんの取り組み報告を特にお願いします。(飯館村、南相馬などの訴訟、各地域の避難者訴訟)

  宍戸さん 避難に至る経過と北海道での雇用促進住宅団地自治会など避難者交­流やおかれている状況。原発事故子ども被災者支援法における帰還推進、­住宅支援打ち切りに対して報告願います。

  木本さん 関東方面の「汚染重点調査区域」­における関東ネットの地域土壌調査や自治体交渉からはじまり、­支援基金をつくり「甲状腺自主健診」の開始と現状報告、­支援法改定に関する問題点など報告願います。

  中村さん 「被ばく労働を考えるネットワーク」の活動を通じて、­被ばく労働に動員される原発作業者の実状とピンハネなどの下請け­労働の問題点を報告願います。この間、進められている“­原発作業”­における緊急時作業被ばく限度引き上げ問題にも言及願います。

本集会は13時30分からです。

※武藤類子さん、­宍戸隆子さんはメインステージでの発言もお願いしています。

※代々木公園B地区 野外ステージです。

【共同出店に関して】

・代々木公園 イベント広場 けやき並木にて「脱原発バザール」が並びます。­バザールは産直物産、エコグッズ、DVD・CD・書籍、­缶バッチ・Tシャツなど脱原発グッズが販売されます。

0 コメント