リンパ節転移が多数ー福島県民健康調査検討委員会甲状腺がんに関する専門部会

10日開催された甲状腺がんに関する専門部会で、スクリーニング検査によって多数の子どもが甲状腺の手術を受けていることについて、過剰診療かどうか激論となったそうです。その議論の過程で手術している子どもに、リンパ節転移をはじめとして深刻なケースが多数あることが明らかになっています。

アワープラネットTVで専門部会の議事内容を報道しています。

↑動画もUPされていますので、ぜひご覧ください。