7/16 放射能から子どもたちの健康と未来を守ろう!記念シンポジューム動画

1.鎌仲ひとみ監督「子どもたちの未来を守るために私たちができること~ベラルーシの今は、日本の未来と」

2.木本さゆりさん(関東ネット)、藤原弘典さん(宮城 測定室いずみ)甲状腺検診活動について

3.牛山元美医師(さがみ協同病院)満田夏花さん(FoeJapan)

トップページからご覧ください。

 

下記はシンポジュームに参加した方のメモから転載させていただきました。

ベラルーシに行って、20147月現在甲状腺ガンが89名と話したら、ベラルーシの医師は絶句して、チェルノブイリよりも早いといった言っていた。
鎌仲監督は、2012WBC(ホールボディカウンター)で体内の放射線量を計測した際には、0Bq/kgだったが、2013年に計測したら20Bq/Kgだった。太平洋の魚は食べない、米は故郷の富山産、西の野菜と食事には気をつけていたそうです。様々な活動をしていて、福島やベラルーシにいくなどあり、外食もあったからかと思っている。
子どもの症状は、喘息が多い、鼻水、頭痛、血尿。背が伸びない、体重が増えない。ふつうに食べられていたものがたべられない。タンパク質分解酵素が作れない。好き嫌いが激しくなる。
などです。
今、大気中にセシウムが1億ベクレルでているそうですが…(東電発表)、でも、クリプトンは、25億ベクレルでているそうです。